タイトル アミノ酸

豆乳に含まれているアミノ酸 を紹介します。 【アミノ酸】 シスチン、チロシン、アルギニン、ヒスチジン、アラニン、アスパラギン、グルタミン、グリシン、プロリン、セリン 【必須アミノ酸】 バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン 中でも必須アミノ酸は体内での合成が出来ず、食べ物やサプリメントなど、外部からの摂取しかできません。 そういった意味でも「豆乳」は貴重なアミノ酸摂取食材でもあります。 【アミノ酸 の 効能・効果 】
多くのアミノ酸は肝臓で代謝されるが、分岐鎖アミノ酸と呼ばれるBCAAは、筋肉のなかでも代謝され、筋肉量の維持や筋力の増強の効果がある。 そのため、スポーツやダイエットなどの目的でBCAAを利用する場合は、運動の直前か直後にとるのが有効とされる。アミノ酸は、よくダイエットで注目されるが、ダイエットをするときは、脂肪の分解・燃焼を助けるアラニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、アルギニン、基礎代謝を上げるBCAA、グルタミンをとると、効率アップが期待できる。 またBCAAは、肝不全に伴う症状の予防に有効であるとされる。 グルタミンについては、筋肉疲労の回復効果、免疫増強効果のほか、胃腸粘膜の保護作用があり、消化性潰瘍の治療薬としても用いられる。

タイトル 豆乳大好き!|豆乳クッキー 豆乳ローション:ページ一覧