タイトル 豆乳の成分

なんとなく「飲みにくい・・・」と思われていた豆乳も最近では大きくイメージが変わり、健康維持、美容維持にうってつけ!ということで好まれるようになってきました。

豆乳類はJAS(日本農林規格)で分類された3種類があります。ちなみに「豆乳」は大豆をすりつぶして、豆腐に固める前の乳状の液体のことです!

◆豆乳 大豆固形分8%以上(大豆たん白質換算3.8%以上)
◆調製豆乳 大豆固形分6%以上(大豆たん白質換算3.0%以上)
◆豆乳飲料 イ、果汁入り 大豆固形分2%以上(大豆たん白質換算0.9%以上)
         ロ、その他  大豆固形分4%以上(大豆たん白質換算1.8%以上)

なにがどうちがうかは、豆乳類の区分で「大豆固形分がどのくらい含まれているか」です。当然、純粋な豆乳がよいとは思いますが、最初から「豆乳は・・・」という方は豆乳飲料から入って飲み慣れたころに少しずつ変えていくとよいでしょう。

良質なたんぱく質を、大豆から摂取できるので、菜食主義者、牛乳アレルギーの人たちにはうってつけです!!但し、大豆アレルギーの方は医師などに相談したほうがよいでしょう。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持つといわれています。美肌、ハリのある肌も女性ホルモンのなせるワザ。年々減少していく女性ホルモンを外部から補給するという意味でも豆乳は効果的といえます。





タイトル 豆乳大好き!|豆乳クッキー 豆乳ローション:ページ一覧