タイトル マグネシウム

マグネシウムは成人の体内に約30gあり、そのうち半分は骨や歯に含まれているます。

残りは筋肉、脳、神経などに含まれるが、それらが正常に機能するうえで不可欠なことから「筋肉のミネラル」といわれています。

豆乳はこのような部分でも有効です。

マグネシウムが足りなくなると、不足分を補うために骨組織からマグネシウムが放出されるが、同時にカルシウムも大量に放出されてしまいます。

過剰のカルシウムが細胞内に流れ込むようになると、筋肉が緊張し、痙攣、しびれ、めまいといった不快症状が起こり、さらに筋肉の収縮がうまくいかなくなると、高血圧や高コレステロール血症、動脈硬化、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、糖尿病、骨粗しょう症、頭痛、慢性アルコール中毒、神経や精神の疾患などを引き起こす恐れもあります。





マグネシウムには、カルシウムの細胞内への流入を調節したり、カルシウムが血管壁や腎臓などに沈着するのを防ぐ役目がある。このように、カルシウムとのバランスが重要で、マグネシウムとカルシウムの比率は1対2~3が理想とされます!

カルシウム、マグネシウムとも最適に摂取しましょう!

サプリで摂取するよりは豆乳で摂取する方が、バランスがよいかもしれません。

タイトル 豆乳大好き!|豆乳クッキー 豆乳ローション:ページ一覧