タイトル 大豆イソフラボン

大豆には、女性ホルモン同様の作用をもつ大豆イソフラボン類が含まれています。

更年期障害の諸症状や閉経後に生じる生活習慣病の予防に効果があります。

大豆イソフラボンとは、大豆特有の成分で、植物性ポリフェノールの一種で、最大の特徴は、女性ホルモンの「エストロゲン」と同じような働きをもつということです。、

そのことから、「食べる女性ホルモン」といわれている。

大豆イソフラボンは、5kgの大豆から、たった10gしかとれない貴重な成分で、最近では、サプリメントが人気を集めているます。

大豆イソフラボンを摂取することで、エストロゲンを補うのと同じ効果が得られるので、女性ホルモンのバランスが崩れて起こる、更年期障害の症状や、月経開始時の下腹痛・腰痛・乳房痛を軽減させることができます。

豆乳の人気の秘密はこの「大豆イソフラボン」が最適なバランスで含まれていて、摂取しやすいことが上げられますね。





タイトル 豆乳大好き!|豆乳クッキー 豆乳ローション:ページ一覧